Report: COMMUNE for the FUTURE

FOOD CART GASTRONOMIEに、ソーラー電力を使ったライブ、デコチャリ…混沌のイベントレポート

2015年12月23日、COMMUNE 246は1周年を迎えました。フードカートの可能性を追求する「FOOD CART GASTRONOMIE」の再考、ソーラー電力を使ったクリアな音源のLive & DJパフォーマンス、DRIVE THRUの「デコチャリ」特別エキシビションなど、COMMUNE 246らしい混沌さのあるテーマでイベントを開催!たくさんの方々にお越しいただきました!

Photography: Moeco Yamazaki, Tomohiro Mazawa

 

IMG_1562Tobacco Standの前ではサプールが中東や東アフリカでよく食べられる「チャパティ」を振る舞いました。ナンのような感覚でカレーなどつけて食べます。
 
IMG_1552Shozo Coffee Storeでは「Joyeux Noel」と題して、小さなマーケットが開かれました。地元「RAKUDA」のパンなど特別に。

 


Liveは「Julia Shortreed+ Ryo Togawa」、「UTENA DESTROY NAOMI」、「MIRROR MOVES」、「kotoko」がパフォーマンス。雨の中でしたが会場を盛り上げてくださいました!ステージ音源はすべてソーラーエネルギーで。ノイズが少なく音質も良いのだとか。

 


DJは「DJ Funnel / Stripe-dot.」、「DJ Kenta from DJ Minoyama & DJ Kenta – Zz Production」が。4ターンテーブルを使ったBack to Backもはじまり、一気にヒートアップしました!

 

IMG_1786MIDORI.so2 GalleryではDRIVE THRUによる「デコチャリ」の展示。MD音源で宇多田ヒカルが流れる異空間に…

 

IMG_1793COMMUNE 246オープン時にも登場した、現代アートユニット「Yotta」によるデコトラの焼き芋屋「金時」が久々にCOMMUNE 246に!
Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook